カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
 

ロバーツはエコプロダクト

もっとロバーツコーヒー!

(ロバーツコーヒーはエコプロダクト)


ロバーツコーヒーを語る上で欠かせないのが会長のロバートパウリグ氏。

ロバーツコーヒー

ロバートパウリグ氏こそロバーツコーヒーの設立者であり、北欧コーヒーのオーソリティ。

ロバーツコーヒーはパウリグ会長の3つの理念から成り立っています。

その中のひとつが「環境に優しいコーヒー」


通常のコーヒー業者は、コーヒーの実の中の豆だけを買い付けます。その場合コーヒーの果肉は捨てられるか肥料にされるかです。その結果、捨てられるコーヒー果肉は産地に環境問題を引き起こします。

ロバーツコーヒー

パウリグ会長は自身の契約農園と取引所をもっています。そこに生産者は直接コーヒーの実を持ってくるのです。そこではコーヒーの豆ではなく、コーヒーの実そのものが取引されているのです。

ロバーツコーヒー

このことは生産物すべてを無駄にしない取引方法といえます。

無駄にしないことは生産者も自然環境も利益を享受できるということです。

廃棄物(コーヒーの果肉)を廃棄物としないことで、環境汚染が防げます。

豆だけでなく実を売ることで生産者は通常の倍の収入を得ることが出来ます。

フェアトレードにプラスアルファされた仕組みを独自に作りあげたのです。

「コーヒー業者にとって一番大切なことは何でしょう。」

そうです、まず美味しい品質の良い豆を購入すること

実はこのパウリグ会長の取引方法は、品質を保証するうえでとても効果的なのです。

なぜなら、良いコーヒーは熟した実から作られることが重要だからです。

実から購入することで自然と熟した実からの豆を手に入れるプロセスが出来上がっているのです。

では通常廃棄される果肉はどうなるのでしょう?

この果肉、栄養分がとても高く、実の16%は脂肪分なのです。

ロバーツコーヒーのエコプロダクトには「コーヒーソープ(石鹸)」があります。この原料が果肉なのです。

ロバーツコーヒー



「脈々と受け継がれるコーヒーの系譜」

パウリグ会長には7代続くコーヒー一家のルーツがあります。

先祖にあたる当時のヘルシンキ市長のアンダーズ(ANDERZ)はフィンランドで最初にコーヒーの焙煎をしました。1700年代のことです。

また、会長の祖父はフィンランドにたくさんのコーヒーブティックやカフェを作りました。

時は流れ、第二次世界大戦後のフィンランドではまるで工業的に生産されたかのような劣悪なコーヒーが出回りました。しかし、戦前には本当に美味しい高品質なカフェやコーヒー専門店がたくさんあったのです。

寒い北欧ではHOTになれる場所がカフェだったのでしょう。

パウリグ会長はミッションを感じました。

戦前にあったその素晴らしいコーヒー文化を復活させる決意をしたのです。


・・・ そして設立されたロバーツコーヒー 

ロバーツコーヒー

品質の全てを自分の手で把握すること。

植物としてのコーヒーの木から、消費者のカップまで。

生産現場から製造工程、そしてそれを愉しむ場所のカフェまで。

パウリグ会長は持続可能なコーヒー生産から繋がっていくカフェ文化を北欧フィンランドで作り上げた草分け的な存在です。

持続可能な生産理念と、信頼できる行動は、まさしく「北欧のミスターコーヒー」としてキラリと輝く存在なのです。

2009年にはフィンランド国内でも数十店舗のカフェがあり、スウェーデンやデンマーク、エストニアの北欧諸国やトルコ、アジアではシンガポール空港にカフェを構えています。


ロバーツスペシャル

ページトップへ